賃貸経営

【不動産投資の失敗事例から学ぶ】不動産投資を成功に導く3つの大切な事柄について

不動産 投資 失敗 事例
トチ尾
トチ尾
ねえねえ、家ネコちゃん?

 

家ネコ
家ネコ
は〜い!どうしたの?

 

トチ尾
トチ尾
不動産投資を始めたい方が知り合いにいるんだけれど

 

家ネコ
家ネコ
うんうん?

 

トチ尾
トチ尾
失敗したらリスクが大きいからってなかなか始められないみたいなんだ…

 

家ネコ
家ネコ
なるほどね!確かに始める前は沢山心配事があるはず!

 

トチ尾
トチ尾
背中を押して上げられる良いアドバイスはないかな?

 

家ネコ
家ネコ
それじゃあ今回は

【不動産投資の失敗事例から学ぶ】不動産投資を成功に導く5つの大切な事柄

についてお話ししていこうね!

不動産投資において良くある失敗例

不動産 投資 失敗 事例

不動産投資は他の投資に比べてリスクヘッジが可能な点がメリットです。

不動産投資において良くある失敗例を確認し、

事前にしっかりと準備しておく事で失敗に終わるリスクを避ける事ができます。

不動産投資において良くある失敗例
  • 新築ワンルームに投資してしまった
  • ハズレ不動産を摑まされた
  • 予想外の出費に対応できなかった
  • 空室率が高く、収益が無くなってしまった
  • 入居者トラブルが絶えなかった

ここからは、不動産投資において良くある失敗例について詳しく見ていきましょう。

新築ワンルームに投資してしまった

不動産 投資 失敗 事例

不動産投資の中でも比較的始めやすい事から

新築ワンルームへの投資は初心者の方へおすすめされる事が多いです。

しかし、新築ワンルーム投資で失敗に終わりやすいのが初心者さんなのです。

新築ワンルームへの投資にメリットがないと言ってしまうと嘘になります。

ただし、期待するメリットを享受できる新築ワンルームの選定

不動産投資の経験がそれなりにある方でないと難しい可能性があります。

また、空室率が0か100の両極端になってしまいますので、

空室対策の経験がないと継続的に収益を出すのは難しいと言えるでしょう。

ハズレ不動産を摑まされた

不動産 投資 失敗 事例

理想の不動産を見つけたい一心で、沢山の物件情報をご覧になると思います。

しかしながら、その中に「ハズレ」と思える物件が混ざっている事も少なくありません。

ハズレの不動産を掴まされやすい方には二つの特徴があります。

  1. 利回りの高さだけを重視している
  2. 気が優しく押しに弱い

利回りが高いだけの物件を探す事は意外と簡単です。

しかしながら、相場に比べて異常に利回りが高い物件

心理的瑕疵がある場合や設備などが古すぎる場合など

それなりの理由がある事例が殆どですので情報を注視して読みましょう

また、気が優しく押しに弱い方は

悪徳業者さんなどにハズレ物件を押し売りされて断れないケースが非常に多いです。

金額が金額なだけに、ご自身の為にも断る勇気を持つことも重要です。

予想外の出費に対応できなかった

不動産 投資 失敗 事例

基本的に不動産投資におけるランニングコストは以下の通りで

事前にいくら出費が出るのかをあらかた計算する事ができます。

不動産投資におけるランニングコスト
  • 各種税金
  • 管理費用
  • ローン返済額
  • 原状回復費用
  • 大規模修繕金(積立)
  • 税理士・弁護士費用
  • 共用部の光熱費

そのように出費が分かる事も不動産投資のメリットですが、

給湯器やエアコンが壊れてしまった場合など予想外の出費も不動産投資には付き物です。

その度にポケットマネーを持ち出していると

総合的に支出の方が多くなってしまい投資を行っている意味がなくなってしまいます。

予想外の出費に備えて積立を行うと良いでしょう。

空室率が高くて収益が無くなってしまった

不動産 投資 失敗 事例

インカムゲインを目的とした不動産投資の収益は家賃収入によって生まれますね。

それを言い換えれば、

そもそも入居者さんがいなくては収益がゼロになってしまう可能性も否定できません。

その為にどのような不動産投資家さんでも空室率に敏感です。

空室が生まれにくい不動産を選ぶ事も重要ですが

最も重要なのは空室対策として何を行うのが有効的なのかを知っておく事です。

また不動産屋さんと友好な関係を築く事も集客の面では重要です。

入居者トラブルが絶えなかった

不動産 投資 失敗 事例

騒音トラブルに始まり、家賃滞納、ゴミ屋敷化、隣人関係などの

入居者トラブルも不動産投資には付き物です。

短期間で解決できる問題が殆どですが、

家賃滞納やゴミ屋敷化、隣人関係におけるトラブルは

長期化しやすい上に事件にまで発展してしまうケースもございます。

また何も問題のない入居者さんまで退去されてしまい、空室問題にも繋がってしまいます。

入居者審査をきちんと行う事も手ですが、

入居者トラブルにもきちんと対応してくださる管理会社さんを選びましょう。

不動産投資を成功に導く3つの大切な事

不動産 投資 失敗 事例

ここまで、不動産投資において良くある失敗例について見てきました。

不動産投資には大きな失敗の種はそこまで多くありませんが、

小さな失敗の種が多くあり、問題が複雑化しやすいのが特徴です。

これらの失敗を犯さない為にも、

不動産投資を成功に導く3つの大切な事についてお話ししていきましょう。

事前に不動産投資の知識をきちんとつける

不動産投資を成功に導く大切な事の一つ目は、

事前に不動産投資の知識をきちんとつける事です。

当たり前の事のように思われるかも知れませんが、

実はこれがきちんと出来ていれば失敗の8割位は防ぐ事ができると言えます。

不動産投資において必要な知識は、不動産の基礎知識だけでなく

税務、運営、空室対策、節税方法、ローン審査・返済など多義に渡ります。

セミナーなどもありますが、詐欺まがいの行為をしているケースが多々あるので注意です。

ブログや動画サイトなどで無料で知識が得られる時代ですので

まずはそれらを活用してみましょう。

経営・運営にアドバイスが欲しいのであれば、

そのようなサービスを行っている管理会社さんもいらっしゃいます。

また、不動産投資に関する法律の変更などにも注目する為に

ニュースにも注意を払うことをおすすめします。

管理会社・不動産屋と良好な関係を結ぶ

不動産 投資 失敗 事例

不動産投資を成功に導く大切な事の二つ目は、

管理会社さんや不動産会社さんと良好な関係を結ぶことです。

この二つの会社さんとは長期的な付き合いを築くことになる上に、

不動産投資を成功に導く上で必要不可欠な存在です。

不動産会社さんと友好な関係を結ぶと、

お部屋をお探しの方を優先的に紹介してくださったり、

入居を考えていらっしゃる方の背中を押す一言をかけてくださいます。

管理会社さんと友好な関係を築くと、

管理業務の手抜きを防げる上に、助けが必要な時に頼りになる存在になってくださいます。

何かと一人で背負いがちになってしまう方は尚のこと、

必要不可欠なつながりを大切にする事が重要だと言えます。

何事も準備は念入りに

不動産 投資 失敗 事例

不動産投資を成功に導く大切な事の三つ目は、

何事においても準備は念入りに行う事です。

不動産投資では準備を行わなくてはいけないタイミングが多々あります。

まずはどの様な不動産投資を行いたいのかという現実的なプランニングです。

きちんと採算が合うのかどうかシュミレーションを何度も行いましょう。

また、ローンの審査を受けるなら事業計画にも力を入れなくてはいけません。

マンションの運営が始まっても、修繕金の積立を行わなくては

将来的に大きな負債になる可能性もあります。

ここまでお読みになってご理解いただけたと思いますが、

不動産投資には念入りに準備を行わなくてはいけない瞬間がとても多いのです。

衝動的な行動はトラブルの元になりかねません。

まとめ

不動産 投資 失敗 事例

 

家ネコ
家ネコ
今回の記事はどうだったかな?

 

トチ尾
トチ尾
不動産投資にはリスクもあるけれど、殆どが事前にリスクヘッジする事が可能なんだね!

 

家ネコ
家ネコ
その通り!具体的にどの様な事が失敗を避ける為に必要だったかな?

 

 

トチ尾
トチ尾

これらの事だったね!

  • 事前に不動産投資の知識をきちんとつける
  • 管理会社さんや不動産会社さんと良好な関係を結ぶ
  • 何事においても準備は念入りに行う

 

家ネコ
家ネコ
大正解!機転を効かせたリスクヘッジで不動産投資を成功に導こう!
富動産×想像力
無料プレゼント
本当は教えたくないプロ家主が施策の事例
不動産投資の真髄永久保存版

「成功するプロ家主は腹の底で何を考えているのか?」

富動産×想像力の本

不動産投資のプロとして第一線で活躍する「三島毅久」が書き上げた不動産投資のノウハウが詰まった書籍。
黎明期から6万戸の物件を成功へと導いた筆者が初心者〜中級者のオーナーへ贈る、目から鱗の投資書籍の決定版。

本書のポイントをご紹介
表面利回りのからくり
NOI利回り算出方法
負動産を富動産にする方法
不動産投資を成功に導く7つの心得
管理会社の選び方







    プライバシーポリシーを一読ください。