不動産投資

【悪質な手口に惑わされないで!】不動産投資で詐欺被害に遭わない為に気を付けるべき悪質な業者の「特徴」と実際に詐欺被害に遭いそうになった際の「対処法」

不動産投資 詐欺
トチ尾
トチ尾
家ネコちゃん、聞きたいことがあるんだ

 

家ネコ
家ネコ
どうしたの、トチ尾?

 

トチ尾
トチ尾
新しく不動産を購入しないかって持ち掛けられているんだけれど

 

家ネコ
家ネコ
うん、うん

 

トチ尾
トチ尾
僕は全く買いたくないのに、相手方がすごくしつこいんだ

 

家ネコ
家ネコ
トチ尾、それはもしかしたらグレーゾーンかもしれない!

 

トチ尾
トチ尾
グレーゾーン…って何の?

 

家ネコ
家ネコ
つまり、もしかしたら詐欺られてしまうかもしれないってことだよ!

 

トチ尾
トチ尾
…詐欺!?

 

家ネコ
家ネコ
そんなトチ尾のために今回は、

不動産投資で詐欺被害に遭わない為に気を付けるべき悪質な業者の特徴」と

実際に詐欺被害に遭いそうになった際の対処法

についてお話していくから、当てはまったら絶対に購入しない事!

悪質な業者の特徴って?

不動産投資 詐欺

不動産投資を始めようと考えている方の中には、

業者さんから色々な謳い文句でもって特定の不動産の購入を進められた方も

きっと多いことでしょう。

実際にそのような営業によって良い物件に巡り合えた方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、残念なことに

気を付けなくてはいけない悪質な業者さんの特徴というものも存在いたします。

そこでここからは、もしもこの特徴に当てはまったら

絶対にその業者さんから購入してはいけない理由についてお話していきましょう。

家賃保証付きを謳い文句にしてくる

不動産投資 詐欺

家賃保証付きなので安心ですよ」という一言は、

不動産投資を始めたばかりの方や、全く持って不動産投資の知識を有していない方にとって

命取りの謳い文句であると言っても過言ではない為要注意です。

それもそのはず、きちんと不動産投資の知識があれば、

家賃保証には安易に手を出してはいけないことなど常識なのです。

その理由について簡単に説明いたしますと、主に家賃保証の契約の内容にその理由がございます。

家賃保証というものは、本来であればオーナー様と入居者さんが結ぶ

賃貸借契約オーナー様管理会社さんがを結び、

管理会社さんが入居者さんに又貸しする方法を取ります。

しかしながら、

そこで保証される賃料は必ず二年ごとに見直しが入る契約になっており、

当初約束されていた賃料よりも減額されてしまうのが関の山です。

また、契約上有利な立場にあるのは管理会社さんであり、

オーナー様は名ばかりのオーナーであるために拒否権はございません

その為、この謳い文句には絶対に乗ってはいけないのです。

恐喝まがいの行為

不動産投資 詐欺

また、悪質な業者さんの特徴としてもう一つ挙げられるのは、

恐喝まがいの行為を平気で致す点です。

暴力的な行為など、物理的に危害を加えることは珍しいものの、

「購入しないなんて馬鹿だ」という言葉や

「ここまで色々な人が労力を削ったのに失礼だ」という言葉などで

精神的に追い詰めてくような方法をとる方々も残念ながらいらっしゃいます。

もしもこのような事を言われた場合は、その言葉を真っ当には受け取らず

冷静に自身を保ってきちんと断ることが重要です。

「信頼」という言葉で追い詰める

不動産投資 詐欺

また、「信頼」という言葉を使って、

罪悪感を煽ったり良心の呵責を感じさせる方法をとる

悪質な業者さんもいらっしゃいます。

実際にあった不動産投資の詐欺のお話では、

友人の知り合いの方から投資話を受けた方が、

断ろうにも友人の知り合いを無下にはできなかった点や

友人からも知り合いを信頼するように煽られてしまった点から

断りきることが出来ず結果詐欺られてしまったという方もいらっしゃいます。

ここから言えますのは、

信頼できる友人の知り合いでも

裏で誰と誰が繋がっているのか分からない場合

怪しいと感じた場合には絶対にその話には乗らない事が重要であると言う事です。

物件の情報を全て開示しない

不動産投資 詐欺

これも実際に起こった話に纏わるものですが、

不動産投資の話をしている中で、物件の情報を全て開示しないというものも

悪質な業者さんの特徴として挙げられます。

まず、不動産投資の話をしているのにも関わらず、

情報を全て開示しないのはお話にならないという事を覚えておいてください。

例えば、「内見させてください」と申し出た際に

「家賃保証が付いている為、部屋の状態は気にしなくても良いです」

などとはぐらかされた場合には絶対にその話に乗ってはいけません

家賃保証がついていようがいまいが、貴方が購入するものです。

必ず全ての情報を手に入れてから利回りの計算を行ったり

ローン返済のシュミレーションを行って検討することが

不動産を購入する前に必ず必要な準備です。

その為の情報を開示せず、また、「貴方はただお金を出すだけでいい」

というような態度は悪質極まりません。

そのような状況に立ち会った場合には、

一言「それでは買いません」と申してその業者さんとは縁を切りましょう

不動産投資で詐欺被害に遭わない為の対処法って?

不動産投資 詐欺

ここまで、不動産投資で詐欺被害にあわない為に気を付けたい

悪質な業者の特徴について見てきましたね。

ここからはより実践的に、

実際に詐欺被害に遭いそうになった際にはどのような方法で対処すればよいのか

という事に焦点を絞ってお話していきましょう。

断りたいときは断固として断る事

不動産投資 詐欺

実際に詐欺られそうになった際に最も重要なのは

嫌なものは嫌だと断固として断ることです。

例え、それが誰かの信頼を傷つけてしまったり

誰かの面子をつぶしてしまうものであっても

自分を詐欺から守ることの方がよっぽど重要だと知りましょう。

時に、個室などで大勢に囲まれてしまって追い詰められる状況になってしまっても

強い意志でもって断り続けましょう

それが無理そうであれば、「後日答えを出します」と申して

その場を切り上げましょう

その後、もしも一人で不安であれば

親友家族、または弁護士などを連れ立って味方をしてもらいましょう

その際、女性だけだと甘く見られて全く引いてくれない場合もございますので、

男性を連れていくのも良い手だと言えます。

可能なかぎり証拠を残す

不動産投資 詐欺

恐喝まがいの事をされているのであれば、可能な限り証拠に残しましょう

メッセージなど形に残るものであれば、それを保存しておいたり

会話など形に残らない物であっても

今はスマホのアプリでも録音ができますのでそれらを活用しましょう。

余りにしつこい場合には、それらの証拠を持って警察に相談することもおすすめできます。

その際にも、悪質な業者に対しては絶対に曖昧な対応などはしないようにし、

場合によっては警察に相談することを伝えておいても良いでしょう。

不動産投資の勉強をする

不動産投資 詐欺

不動産投資に全く持って興味が無い場合は

上の二つの対処法を活用して逃れることがおすすめできますが、

もしも不動産投資に少しでも興味がある場合であれば

不動産投資の勉強をして悪質な業者を見抜く術を身に着けることが

今後のことを考えればおすすめできます。

非常に残念な事ながら、不動産投資の業界には

不動産投資家を騙して利益を得ようとしている悪質な業者さんは多くいらっしゃいます

その中で生き残る為には、まず自分が不動産投資の知識を身に着ける事

また、どのようなケースにおいて詐欺が横行しているのかを知る事

そして尚且つ、それに対してどのように対応することがベストなのかを学ぶ事重要です。

その為には、大家さん方が主催している勉強会などに通い

不動産投資を学びながら、界隈のネットワークに強くなることがおすすめできます。

まとめ

不動産投資 詐欺
家ネコ
家ネコ
トチ尾、何処か当てはまる点があったかな?

 

トチ尾
トチ尾
実は、僕も「信頼」を盾にすごく追い詰められていたんだ…

 

家ネコ
家ネコ
やっぱり!

 

トチ尾
トチ尾
けれどこれを読んだからには、きちんと断るよ!

 

家ネコ
家ネコ
不動産は「まあ、いっかで購入するものではないし、

信頼や世間体で購入するものでもない

 

家ネコ
家ネコ
自分の利益の為に購入するものだからこそ、

そぐわないのであれば断固としてと断っても大丈夫なんだよ!

 

賃貸管理についてこんなお悩みはありませんか?
例えば
  • ・ちゃんと管理してくれているのかよくわからない
  • ・毎月の管理手数料が腑に落ちない
  • ・担当者がイマイチ冴えない
  • ・空室が長期化して困っている
  • ・入居者が長く住んでくれない
  • ・経営に関しての最適な提案がない
  • ・建物・設備の維持管理をどうすればいいかわからない

そんなお悩みをお持ちの方は是非TonTon社にお任せください!

不動産に関するすべてのお悩みを解決します!

 

よく一緒に読まれている記事